займ на карту онлайн

蕎麦を茹でる

ラジオをよく聴くのですが、聴取時に手持ち無沙汰になるのが悩みです。何かを始めても長続きせず、季節的に散歩も難しくなったなと考えていたある日、何故か突然に蕎麦を茹でたくなりました。

全く料理をしないので、ネットの動画で予習を行います。茹でムラを無くすため、乾麺を10分間ばかり水に浸した後に茹でるのがコツのようです。妻にこの話をしたところ、「茹でたら一緒や!」との切り返しに早くも軽い火傷です。

そして休日、意気揚々と買物を済ませ、ラジオを聴きながら料理を始めます。意地で11分間浸した麺を沸騰したお湯に投入し、茹で上がったら冷水にて両手でもむように洗い、ぬめりが取れたのかよく分からないまま盛付けて完成です。 (さらに…)

「体験入門」

まだコロナが蔓延する前、体力をつけることとダイエットを目的に、自宅まで歩いて帰れるという理由から、仕事終わりに市民会館のジムにしばらく通っていました。

運動するのは20年近くぶりで、ジムにあるたくさんの器具の何から始めていいか分からないまま通い始めました。そんな私でも通い続けていくうちに、自分で決めたメニューをやり遂げる達成感で次第に楽しくなっていきました。

周りを見渡す余裕ができた頃、市民会館の帰り道にボクシングジムがあることに気が付きました。

格闘技などほとんど観たことがない私でしたが、それまで遠くに感じていた世界が、急に物理的に身近にあることが分かり、それから何となくボクシングジムが気になるようになりました。毎回前を通るたび歩くスピードを落としてガラス張りのボクシングジムの中の様子をチラ見しながら帰るのが日課になりました。

(さらに…)

「アリの話」

 
大人になると月日が経つのを早く感じるとはよくいわれますが、本当に早いものでこの前生まれた娘も気がつけば今月で3歳になります。

つい先日、私のことを“パパ”と呼ぶようになったかと思えば、今となっては“お前”と呼んでくるし、毎朝保育園に連れて行くときも、他の子は親御さんとの別れ際に離れたくないと泣いている中、うちの子は別れるときに振り返りもしません。

「これが第一次反抗期というやつか…」と思いながら、日々子供の成長には驚かされています。

そんな娘もいろいろと興味があるものが出てきているらしく、最近はダンゴムシアリに熱中しYouTubeでダンゴムシとアリの動画ばかり見ています。

そんなある日、いつものようにテレビの大画面に映し出されるアリの大群を見つめる娘に私が話かけました。

「パパはね、アリさん食べたことあるんだよ…」
(さらに…)

活動再開に向けて

今年、お盆休みに入る前のある日ブログリレーの管理を担当している職員より、「ブログの締め切り9月10日なのでよろしくお願いします。」と声をかけられました。私的には、ついこの間書いたように思っていたため、「ウソ!!もう回って来る?」と心の声が漏れてしまいました。このブログリレーは、職員が毎月持ち回りで担当しているため、一度書いたら約2年は回ってこない計算のはず…。
前回の内容を確認するため、保存しているファイルを開くと、令和元年7月掲載分に毎年夏に「吹奏楽コンクール」に参加するということを書いていました。確かに、約2年前、周期の計算に誤りが無いことが判明したところで、書くことが無い!どうしようかと、前回のブログを読み返して見ると、そういえば、今年はその「吹奏楽コンクール」に参加してないなぁと…。 (さらに…)

成人の誓い

先日、来年1月に成人式を迎える娘の振り袖を選びに行ってきました。
 もともと成人式は写真撮影のみで終わらせる予定だったのですが、ひょんな事から式典のお手伝いをすることになったため、駆け込みでの振り袖選びでした。
 お店に入ると今日の客は私と娘が最後だと言うことで、4名の店員さんに取り囲まれ、あっと言う間に娘は鏡の前に立たされ、主役の振り袖に始まり、帯、帯揚げ、帯留め、バックと草履を決め、最後に髪飾りを決めると言うフルコース。
 娘の意見を聞きながら、4名の店員さんがあれよあれよという間にすべてコーディネートしてくれました。
さすがプロ!(尊敬)
 最後の髪飾りだけは、私が選んだものに決まったのですが、その際に店員さんが何気なく言った『お母さんにとっても成人式だからね。』の一言にハッとさせられました。 (さらに…)

オリンピック聖火

異例の一年遅れで開催の東京オリンピック・パラリンピック。これを書いている7月初め、未だ開催が危ぶまれている状況ですから、どうしても聖火リレーは話題になりにくいですね。ところが我が家は思いがけず聖火で大盛り上がりすることができました。
5月のある日曜日、ピカピカに晴れたので私と夫は特に目的地もなく車を走らせ「面高」という海沿いの地区にたどり着きぶらぶらしていました。 (さらに…)

涙の味

 思い起こせば、小学生低学年の頃の私は、毎日のように学校で泣いていました。
 別に、宿題を忘れて先生に叱られたのでもなく、九九が覚えられなかったのでもなく、イジメられたのでもなく、授業中にトイレを我慢できずに、ついつい、、、でもなく。
私の涙のそのワケは、給食を食べきれなかったことにありました。 (さらに…)

ホームメイドの思い出

今年の3月、それは1通のLINEが呼び起こしたものでした。 「高校生の頃作ってたクッキーのレシピ教えて」 妹よ、何ば言いよっと、高校卒業して早何年経つのやらと思いつつ、心当たりを探したところ、あっさりと発見。オートミール・ナッツ・チョコレートなどの具(?)がたくさん入ったアメリカンクッキーでした。覚えてた妹すごい。まだ持ってた私すごい。おめでとうよかったね。 (さらに…)

旅行

 皆さんはこれまでに何回旅行した事がありますか?
私はと言うと……修学旅行を含めても6回程しかありません。その中で飛行機に乗ったのはたった一度だけ。それに比べ、娘達は学校行事で海外に行ったり、友達と旅行したりと
実に楽しそうで、その度に羨ましがっていた私でした。
そんな私にも家族旅行のチャンスが!
下の娘が大学を卒業する年になり、就職すると予定を合わせるのが難しくなるため「家族で旅行しよう」と言う話になりました。 (さらに…)

継続的な趣味を

コロナ禍のアウトドアレジャー人気でいろんな人が昔からの私の趣味である魚釣りに来られています 。釣りの楽しさを知って貰えるのは大変喜ばしいことなのですが、マナーをもってやって貰いたいものです。 (さらに…)

Top