займ на карту онлайн

スリッパ

先日、買い物に行った時のことです。スリッパ売り場で、ふと足が止まりました。

そこには毛がふわふわしたスリッパが陳列されていました。そんな暖かそうなスリッパを見ているとある出来事を思い出しました。

それは、十数年前のことです。冷え性の私は、少しでも寒い冬を暖かく過ごすためにスリッパを購入。

そのスリッパは、ふわふわの毛で色はダークブラウン。ま、少しでも暖かく過ごすためとは言っても、家の中でスリッパを履くことはそうそうありません。

せっかく購入しても、あまり使われずに台所にひっそりと放置されていました。

そんなある日、台所に立っていた私の眼の端に、茶色い物が映りました。

当時、ワンコが我が家にはおりまして、いつも私の足元をチョロチョロしていました。

私は疑いもせず、「ケンちゃん(ワンコの名前です)どうしたの?」と話しかけながら、その茶色い物のほうに目をやると・・・

そうです。その茶色いものは“ケンちゃん”ではなく、放置されていたスリッパだったのです。

溺愛している“ケンちゃん”をスリッパと間違えるなんて・・・。
飼い主として、失格です。間違いは誰でもあります。

ですが、これ、1回ではないのです。その後も同じ事が数回繰り返され、そのスリッパは、とうとう台所から姿を消すことになったのでした。

(真)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


Top