займ на карту онлайн

片思い

我が家は全員、花粉症。それにプラスして兄は犬アレルギー、私は猫アレルギーを持っています。



 小さい頃から、犬を飼いたい!とずっと言っていたけど、兄が犬アレルギーを持ち、父は子供の頃に犬に噛まれたトラウマで犬を飼うことは大反対。大人になったら絶対に犬を飼う!と私は宣言していました。

 ところが、そんな犬アレルギー持ちの兄の家にやってきた、白くてふわふわな子犬の小次郎。兄から写真を見せてもらった時から一目惚れでした。

  しばらく経ち、事情があり数週間我が家で小次郎を預かることになり、念願だった犬との生活!と私はとても楽しみにしていました。が、近づいても「おいで!」と言っても、逃げていく小次郎。触らせてもくれない、、。なのに、私が出かける時、帰ってきた時、ご飯を食べている時、お気に入りのおもちゃで遊んで欲しい時、すごい勢いで駆け寄ってくる小次郎。嬉しくなって触ろうとするとサラリと逃げていく。なんだか切ない。

 そんな小次郎が一番近づいてくる時は、私が横になっている時。私の上に乗ってくつろぎ始めるのですが、それが私の顔の方にお尻を向けてなのです。何度試してみても、お尻を私の顔に向けて。小次郎との生活は数週間でしたが、私が憧れていた犬との生活とはとてもほど遠いものとなりました。

 だけどそんな彼に片思い中の私は、次に会うときはおもちゃを買っていこうか。どう遊んでもらおうか。そんな事ばかり考えているのでした。(N)

 

コメントは受け付けていません。


Top