займ на карту онлайн

ミステリー

とある朝、1つの広告が目に留まりました。その広告は、旅行会社のもので、あるツアーに私の心は奪われました。 そのツアーとは、『ミステリーツアー』。ちょっと変わったものが大好物の私は、このツアーって、どんなものなの?『ミステリー』って、謎解きなの?と興味津々。
 内容をよーく読むと、『ミステリーツアー』とは、当日まで行き先は内緒。行ってからのお楽しみ。おまけに、行く先々でお土産までいただける、何ともお得なお話です。
 数日後、友人にこのツアーの事を話し、「ねぇ、興味ある?日帰りだし、おヒマなら行かない?」ってなカンジで友人を誘導。友人も快くOK。断れるわけがないのです。だって、先輩に言われたら断れませんよねぇ。友人の気が変わらないうちに、とっとと日程を決め、即、旅行会社へ予約。
 待ちに待った旅行の当日。子供の頃の遠足を思い出します。いくつになっても、日帰りでも、旅行は楽しみです。もう、心はウキウキのワクワクです。逸る気持ちを押さえながら、早めにバス乗り場に着いた私たち。コンビニでお菓子や飲み物を購入。バス停で待っているとバスが来ました。バスの中は、お世辞にも若いとは言い難いおじ様・おば様方が乗車されていました。自分たちの座席に座り、いざ出発!
 バスの乗り込んでも、ガイドさんはなかなか行き先を教えてくれません。
 高速に乗り、バスは福岡方面へ。と、肝心の行き先を覚えていないのですが、確かこの時は、大牟田の三池カルタ・歴史資料館へ連れて行かれたような気がします。そこにはたくさんのカルタがあり、なかなか楽しかった。その他にも2,3か所行った記憶が・・・
 帰りは、いただいたお土産や購入したお土産を手に、ホクホク笑顔で私と友人は帰路に着いたのです。そして、この稀有な経験が私と友人のツボにはまり、その後、数回ツアーに参加したのは言うまでもありません。
 このように、この『ミステリーツアー』では、おおよそ自ら行かないであろう場所へ連れて行かれます。この他にも、通潤橋や浄瑠璃にも行きました。桃の節句の時期には、旧伊藤伝右衛門邸へも行きました。母からは「そんな所に行って、何が楽しいの?」とバカにされますが、なかなか良いものですよ。
 みなさんもおヒマなら、行ってみてはいかがですか? (真)

コメントは受け付けていません。


Top