займ на карту онлайн

新緑

 今年のゴールデンウィークは、史上初の10連休でした。みなさんはどのように過ごされましたか? 私は、大分県の天ケ瀬温泉まで1泊2日の小旅行をしてきました。 
4月下旬から5月上旬にかけての新緑が芽生えるこの時季が大好きで、新緑の緑と匂い、川のせせらぎ、鳥の囀り、カラッとしたさわやかな空気、心地よいそよ風、これらの癒しを求め、ついでに温泉を楽しもうということで、大分県天ケ瀬温泉に行ってきました。
 1日目は、長崎から高速を使って、玖珠郡九重町へ直行し、夢大吊橋からやまなみハイウェイに乗って、タデ原湿原、牧ノ戸峠を超え、熊本の黒川温泉経由で天ケ瀬温泉に向かいました。 
 九重インターを降り、九酔渓を通って夢大吊橋まで向かったのですが、この九酔渓というところも癒されポイントです。川に沿ってくねくねと曲がりくねった山道なのですが、先述した私の好きなもの全部盛りです。
 車の窓を全開にし、窓からの爽やかな風を受けて、川や滝の流れる音と鳥の囀りを聴きながら新緑の緑と匂いを満喫。はぁ~気持ちいい!! 夢大吊橋からは3本の滝が見えます。右から順に震動の滝(男(お)滝(たき))、子(こ)滝(たき)、女(め)滝(たき)です。
 子滝は水量が少ない時には水が流れていないので、水が流れている滝は震動の滝と女滝だけでしたが、長崎ではお目にかかることのないスケールの滝に感動です。 夢大吊橋から宿泊地の天ケ瀬温泉までは、ドライブでしたがやまなみハイウェイでは充分に緑を満喫することができ、気持ちいいドライブでした。
 2日目は、朝から連休前に某テレビ番組で紹介された、駅から徒歩数分のデラックスな方でも歩いて行ける滝、桜滝に行ってきました。滝から流れ落ちる水の飛沫が桜の花びらが舞い散る様子に似ていることから、桜滝と名付けられたそうです。水の飛沫が朝日に照らされてとてもきれいな滝でした。
 桜滝を出てからは観光名所を回り、長崎への帰路につきました。主に車の中からでしたが、長崎では見られない雄大な山と、川、滝にすっかり癒され、とても充実した小旅行でした。今回の旅行では行けなかった渓谷や滝などがあるので、また今度、私の大好きな新緑の時季に行きたいと思います。 (沙)

コメントは受け付けていません。


Top