займ на карту онлайн

年始

2021年が始まりましたが、コロナ禍の中で全ての人が初めて経験する年末年始だったと思います。勿論、自身も親族と予定していた年始の旅行や遠出はキャンセルとなり、自宅で初めての静かなお正月を迎えました。 今年は妻が年始に仕事だったこともあり、実家の父と母に助けてもらいながらも自分中心で一歳半の娘の育児に徹することとなりました。
普段休みの日は妻が居るため、私も一緒に育児を行うものの、朝の食事から着替え、昼食、寝かしつけを長期間行うことは初めての経験でした。 コロナ渦での育児は大変気を使う部分が多く有り、少しの外出でもアルコール除菌をさせ、まだ幼い娘にマスクの着用は難しいので人混みを避ける等、気疲れが耐えません。育児だけでも一杯一杯の中、コロナという見えない脅威がすぐそこに在ることを感じさせられる年末年始でした。 しかしそんな中、偶然テレビで見たあるCMに気持ちが救われましたことをお話します。サントリーHDが制作した、「2020の希望」というCM。コロナで恐怖と制限ばかりであった筈の2020年が、実は世界は素晴らしいことで溢れていたのだと気付かせてくれる内容でした。たくさんの小さな命が生まれ、家族との時間が増え、人々が新しいことに挑戦していたり...。移ろいゆく季節を感じることさえ、今年はたくさんの日本人が忘れていたのではないでしょうか。 今まで通り、とはいかなくても、今私達が出来ること、感じられることは目線を少し変えるだけで明るい「希望」に満ち溢れていることを改めて思い起こさせてくれる、そんな素敵な内容でした。テレビを点ければ暗いニュースばかりの毎日に、嫌気が差すこともありますが、そんな時は是非このCMを見てみて下さい。私はこのCMを見て、家族との時間をより良いものにしようと新たな目標を定めることが出来ました。 (I)

コメントは受け付けていません。


Top