займ на карту онлайн

G・W

毎年、G・W(ゴールデンウィーク)が近くなってきますと、特に何か予定がある訳でもないのに気持ちの高まる思いをしていたものです。

ここ数年はコロナの影響で自粛生活を強いられていることもあり、そういった高揚感も感じられないまま、今年もG・Wまで数日と間近に迫ってきた中、気分転換も兼ね長女家族と温泉旅行を計画したまではよかったのですが、双方のスケジュールが合わず結局その計画を断念せざるを得なくなりました…
しかしそれではあまりにも忍びないと、孫2人を連れ自宅からさほど遠くない、子供が興味を持ちそうな博物館や水遊びをして楽しむことができる河川公園へとG・W前半・後半の2日間で周れるものへと計画を立て直して行くことにしました。
まずG・Wの前半1日目は長崎市の南部 野母崎町にある昨年秋にオープンして間もない長崎市恐竜博物館へ行き、館内に展示してあるティラノサウルスの大迫力な骨格標本を実際に目の当たりして、孫たちも非常に驚いていた様子でした。そりゃそうでしょうね。今まで映画や図鑑でしか見たことがなかったものが目の前で見れたわけですから。観覧後は施設裏が海岸でちょうど干潮の時間帯だったので遠浅になった海に浸かってミナ(貝の一種)獲りや、ちっちゃなカニを獲ったりして楽しい時間を満喫したあと帰宅の途に着きました。

G・Wの後半2日目は長崎市の北部 外海町の神浦(こうのうら)川の河口から少し上流に上がった所にある神浦川河川公園へ行き、ここには川に沿うように遊具施設やアスレチック施設があり、ここでも川へ膝下まで浸かってえびや川魚を獲ったり、ブランコやすべり台などの遊具施設で遊んだりして孫たちとの楽しい時間を共有できたことに満足しています。さすがに遊具施設では一緒に遊んだのはほんの短時間で専らカメラ役に回ったのは言うまでもありません。いずれにしても孫たちの無邪気に遊ぶ姿を見て感じることは、この疲れ知らずの無尽蔵な体力は何処から涌いて出てくるのだろうか本当に感心させられる思いです。羨ましい限りです。この2日間を含め長いようで短かった今年のG・Wもあっという間に終わってしまって残念ではありますが、私にとっては孫たちとの距離が一段と近まった良い機会となって非常に嬉しく有意義なG・Wでした。(新)

骨格標本

コメントは受け付けていません。


Top