займ на карту онлайн

携帯電話

11月あれは、昨年12月のこと。

近所で買い物を済ませて帰る途中、友達と久しぶりに会い、そのまま道端で話し込んでしまいました。

落としたハンカチを拾おうとしゃがみこんだ途端、

「ガラガラガラ ボッシャーン!」と、ものすごい大きな音がしました。

一瞬、何が起きたかわからずにいると友達が「何か落ちたんじゃない?」と。我に返り、あわててポケットをさわると、

「ない!?」

ポケットに入れていた私の携帯電話。

落としてしまいました。しかも深い溝の中。拾い上げることもできません。

どうしよう・・・・)

心臓はバクバク不安で一杯でした。けれど、あまりにも友達が心配してくれていたので、「大丈夫!大丈夫! 先月機種変更したばかりだから、前の携帯にデータ全部残っているから」・・・・ 残っているはずでした。

そういえば、変更する前の日、いつもはしない事をしていました。

大切な写真や動画を1つずつ確認しながら、全てSDカードに移し、その後、前の携帯のデータをわざわざ削除していました。幸い電話番号やメールアドレスは、携帯電話会社がいつも移してくれるからと、そのままにしていたので全部残っていました。

 あれから1年。

今でも写真と動画を前の携帯から削除してしまったこと、そもそも携帯電話を溝の中に落としてしまったこと、思い出すと悲しくて悲しくて仕方ありません。

以前は、そこまで必要性を感じていなかったのですが、家族の入退院が続いた数年前から、いつでも連絡が取れる様に常に持ち歩くことにしました。

元気な姿やリハビリの様子など、他にもいろいろ写真や動画に撮って保存していました。

年齢とともに聴力が弱くなってきたため、電話の音にすぐに気が付く様にと、ポケットに入れることが多く、そそっかしい私はそのことをすっかり忘れてしまい落としてばかり。画面や角が傷ついてしまったり、二つ折りは閉めても隙間が空いたり、スライド式はスライドしたままになり、はっきり声が聞こえなくなったりで、その都度機種変更をし、何台目かのガラケーです。

家族からは、「ポケットに入れたらダメ」と何度も注意され、その度に「今度は気を付けるから」と。そんな矢先でした。

ちょうど1年経ちましたが、いまだに立ち直れず、写真や動画もあまり撮らなくなりました。しばらくして、また少しずつ増えてきたら今度こそ(首から下げるようにしないといけないかな)と、ひそかに考えているところです。                            

(M)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


Top