займ на карту онлайн

未知の動物?との遭遇

1月それは、10月末ごろの仕事帰りのことです。
時間は19時ごろで、秋ともなると辺りは薄暗かったので、車のヘッドライトを付けて家路に急いでいると、とある山道で目を疑うような光景に遭遇しました。

この付近は、山道ともあってあまり街灯がなく車の往来も少ないところで、以前からも時々ですが、例えばキジやウサギ、サル、アナグマ等、様々な野生の動物に遭遇する場所です。

その山道を走っていると、約10m先の右側の草むらの方から突然黒い物体が出てきて、私は急ブレーキをかけて何とか止まることができました。

数からすると4~5匹か、目を凝らして見ると、なっ、なんと
イノシシの親子でした。体長60~70cm、体重40~50kgはあったかと思います。


カルガモ親子の行進ならぬイノシシ親子の行進? 間近でイノシシを見たのは初めてでした。

草むらから出てきて道を横切り、左側は畑になっていて約3mほどの石垣があり、それを登ろうと試みていましたが、当然その石垣は登れずにいました。

私はその様子を、車の中から興味津々で見ていましたが、その中の1匹のイノシシと目が合って「何かご用でも」と言わんばかりに私の方を見ていました。

この出来事がある数日前にも別の場所で突然わき道からイノシシが(このときは体重約80kgあったと聞いています)飛び出してきて車と衝突し、車の運転手にケガはなかったものの車は廃車になった(ちなみにイノシシは即死)という話を思い出しました。

車の中ではありましたが、このままこの場所にいたらいつ危害が及ぶかもしれないと思い、なんとかイノシシの横をすり抜けて一目散で帰りました。

以前から、少し離れた地域にイノシシが出没し、農作物に被害が出ているという話は聞いていましたが、まさか自分の身の周りにイノシシが出没するとは!!

ちなみに数日後、その付近でイノシシが数頭捕獲されたという話を聞きました。
その話を聞いて安心した反面、その捕獲されたイノシシはシシ鍋にでも?ちょっと気になります。

みなさんも車を運転するときは、車やバイク、通行人等には気を付けるのは当然のことですが、
野生の動物にもくれぐれもご用心を!!!

(木3)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


Top